安全第一という言葉の本音って?

人生、幸せにまつわる話
スポンサーリンク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dkanbe0715/20190118/20190118201029.png

どうも高卒くんです。

最早カタカナでコウソツ君と言うのも面倒になってきたのでストレートに行きます。

 

コンプレックスはそこまで感じてませんが、日本の文化ではやはり1つのプロ資格として大学卒以上の資格は重要です。

私がなにかのプロになりたいと思った時、やはりその大学に行ってなければ自分をプロとは認めづらいし、そういった意味ではやはり行っておくべきだなと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社でよくあるスローガン

さて、今日は会社や工場現場のトラックでよく掲げられる1つのスローガンに疑問を呈したいのです。

「安全第一」

うるさいですね。

今は特に、何か怪我でもすればすぐ会議です。

労災隠しや責任問題になるからなのですが、怪我して始末書ものになる風習もおかしな話で。

 

今や大体の現場では何よりもこの「安全第一」を重視します。

品質よりもまず「安全第一」

売上よりもまず「安全第一」

と。

本当の意見は隠しておく風習

もうやめて欲しいですね。

本当は思ってもないことをぶつくさ言うのは。

結局売上が!もっと頑張れ!残業はするな!

安全第一!

 

もう本性が出ちゃってる上に矛盾がすごい。

分かる、上司の気持ちは分かる。

余計な問題を起こされず、責任取らずに定年までいたいのは分かるよ。

 

でも物事には順序がある。

売上もほしくて、急がせて、品質良くて、安全第一。

アッチもこっちも手に入れるのは欲張りすぎだから。

 

ええ、話はズレましたが。

今回この「安全第一」を見ていてふと思ったのです。

本来なら僕は「売上第一」とトラックにでも記載してほしいと思うのですが。

そんなカネにがめつそうな会社に誰が頼むのか。

となるであろう現社会の風紀はやはり江戸時代から何も変わってないのだと。

スポンサーリンク

安全第一と士農工商

士農工商

これは格差を表したものですが。

武士が国のために動くので1番=

農民は国の為に働くので2番=

職人は上2つのためにものを作るので3番=

そして商人は稼いで私腹を肥やすので最悪=

とこういう順序です。

まあその下に奴隷がいたのは言わずもがなです。

 

この商人が一番下と言う概念。

金は汚いと言う日本の概念が今も残っている。

本当はお金が一番なのに、金は汚いと最下位に落としておくような概念が今回の「安全第一」という言葉に如実に表れている。

 

今回はそういう話がしたかった訳です。

スポンサーリンク

現代版士農工商は?

派遣が奴隷で、社員(農民)の安全が1番。

といいながら本当は売上第一=商

士農工商を現代版に記すとこうなるのではないでしょうか?

議員が国のために動くので当然1番偉い

士(議員)

サラリーマンは国の為に税金を納めるので2番にしておいてあげる

農(一般国民)

職人は技術があったり、高給だったりするが福利厚生がないので3番=工(職人)

そして企業家、投資家は稼いで私腹を肥やすので国民の士気が下がるから4番=商(企業家、投資家)

以下は奴隷階級=派遣、バイト、ニート

 

まさにこれ。

それで日本の平穏が保てるならいいですけど。

スポンサーリンク

これからは士商工農の時代

さてさて、そんな日本が今変わりそうな雰囲気があるのも知っていますか?

それは国民一億総活躍社会。

これにより国民へ副業の推奨がされています。

つまり国はもうこのような茶番に飽きたのではないでしょうか。

もう売上第一バレちゃってるからオブラートに包んでもしょうがない。

稼いだもんが偉い!!

個々の実力で稼いでください。

会社や国に頼らず、さあみんな頑張ろう!!

と。

つまりこれは実質、士農工商世界から士商農工の社会になりつつある証明でもあるような気がします。

そして次期に士商工農に。

取り敢えず俺らは1番だけどというのが=国=士

次は稼いだ順ね=投資家、youtuber、企業家=

であり、 開発者=エリート会社員を=

にして、低賃金者=

 

スポンサーリンク

底辺でも負けるな!!

国は守られ。

賢い実力者が馬鹿で実直な職人のものを高く農民に売る。

本来あるべき資本主義社会がすぐそこまで来ているような気がしませんか?

 

かく言う私も当然高卒で、元日雇いです。

農民に位置します。

こんな方は多くいるはずです。

ただ雇われてその日を暮らす人は。

 

だから自分にも行動しなければと常に言い聞かせるのですが、それがなかなか出来ないから下で温く生きてしまうのかもしれませんが。

一番下にいるみんな、国の思い通りにはさせないで頑張ろう!!

コメント