消費者金融、クレジットカードで正しいお金の借り方

お金にまつわる話
スポンサーリンク

https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/knowledge/responsive/img/thumb_caching.jpg

 

皆さんキャッシングにお悩みではないですか?

キャッシングする前に少し基礎的なことを見てみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャッシングの種類

一言で「キャッシング」と言っても多くの種類があります。

 

クレジットカードのキャッシングサービスもあれば、消費者金融のカードローンもあります。

小規模な消費者金融で、店舗の窓口で直接貸付をする形態のローンもキャッシングと言います。

 

消費者金融に限らず、一般的な貸金業者からお金を借りることキャッシングと広く呼んでいるのです。

このように最近はお金を借りることを「キャッシング」と呼んでいますが、一般のローンと同義で呼ばれているため、何でもキャッシングという事が多いようです。

 

最近はネットで融資の宣伝をすることが多いのですが「キャッシング」と表示することで、お金を借りたい人にアピールすることも多いようです。

大別して、このキャッシングは返済回数で2つに分けることができます。

 

消費者金融のカードローンのようにリボ払いで分割の形式で返済するものと元本と利息を翌月などの決済日に一括返済するものです。

昔は「キャッシング」というと後者の一括払いのことを言うことが多かったようです。

 

クレジットカード会社では、1回払いの場合はキャッシングと呼び、

リボ払いの場合はカードローンと呼ぶことが多いです。

 

しかし、最近は「キャッシングリボ」と呼ぶこともあるため、ネーミングだけでは内容がわかりにくくなっています。

銀行でも消費者金融同様にカードローンを提供しています。

 

しかし、銀行のカードローンはキャッシングと呼ぶことが少ないようです。

ネット銀行はWEBでの宣伝が主なので消費者金融同様に「銀行キャッシング」と呼ぶこともあるようですが、昔ながらの銀行では「カードローン」と呼んでいることが多いです。

融資形態がわかりやすい商品名を付けないと、他の種類のローンと区別がつかないためでしょう。

 

いずれの「キャッシング」であってもお金を借りていることは間違いありません。

できるだけ早期に返済することが自分のリスク軽減につながります。

できるだけ「昔ながら」の一括払いのキャッシングにした方が賢明です。

スポンサーリンク

キャッシングって?

キャッシングという言葉が横行していますが、通常「キャッシング」というとお金を借りる行為一般の事を指します。

 

しかし、クレジットカードのキャッシングサービスが広く知られていることから、キャッシングというと1回払いのキャッシングサービスのことを言うことが多いようです。

 

この1回払いのキャッシングサービスは、クレジットカードの締め日までに利用した元金と利息を次の決済日に返済します。

返済までの期間は大体1か月半から2か月程度になるでしょう。

 

クレジットカードで買い物をして1回払いであれば利息の支払は必要ありませんが、キャッシングサービスの場合は利用日から決済日までの利息が支払額に加算されます。

 

また、消費者金融のカードローンを利用することもキャッシングと言う事があります。

カードローンはコンビニなどのATMで手軽にお金を借りることができるのですが、借り方はクレジットカードのキャッシングサービスと同じなのでキャッシングという事が多いのです。

 

このキャッシングという言葉には、いろいろな意味が込められています。

簡単に言えば「お金を借りている」わけですから、どことなく後ろめたい感じを持っている人もいます。

最近の消費者金融の中には、この後ろめたさを解消するためかコンビニATMなどを利用したキャッシングではなく、振込の方法で融資をすることがあります。

 

キャッシングをコンビニATMでしたことがある人に経験があるかもしれませんが、誰が見ているというわけでもないのに周囲を見回してしまうことがあります。

知人や近所の人に自分がキャッシングをしている現場を見られたくないという意識が働いているのです。

このようにお金をコンビニATMで借りることを「キャッシング」という事が多いのですが、必要もないのに使うものではありません。

また、利用しなければいけないとしても利用する金額は最低限にすべきです。

キャッシングをしたら後で返済しなければいけません。

消費者金融の宣伝ではありませんが「ご利用は計画的に」なのです。

スポンサーリンク

キャッシングの流れ

キャッシングとは先ほどもお伝えしたように、簡単に言えばお金を借りることです。

 

クレジットカードのキャッシングサービスのように次の決済日に一括返済するケースもあれば、消費者金融のカードローンのように分割の方法で返済するケースもあります。

いずれの場合も、コンビニなどのATMでローンカードを利用してお金を借りるところからスタートします。

 

銀行のキャッシュカードで預金から引き出すことと同じ手続なので、両者を混同してしまう人も少なくないようです。

銀行から引き出すのは自分のお金であるのに対し、キャッシングしたお金は自分のお金ではなく、後日返済しなければいけないお金なのです。

そして、返済期日になったらクレジットカード会社や消費者金融の規定により返済をすることになります。

 

クレジットカードのキャッシングサービスであれば、カード利用明細に返済額が載っているはずです。

最近は、キャッシングリボのような名前で分割払いのケースもありますが、この場合は返済額と今後の返済予定表が明示されているはずです。

 

また、消費者金融の場合は「最低返済額」が決められており、その金額を毎月の支払期日までにコンビニATMなどから返済したり、銀行引落の方法で返済することになります。

コンビニATMからの返済は忘れがちなので、銀行引落の方法を選択した方が賢明です。

返済の方法は決められた期限に行う返済だけではありません。

 

約定返済と言われるこの返済の方法だけで返済をしていると、カードローンの場合は毎月の返済額が少額なためいつまで経っても完済できません。

そのため、資金に余裕がある際は追加の返済をすることで、早目に完済することが可能です。

 

ただし、クレジットカード会社でリボ払いの形で返済した場合はカード会社に連絡をして振込の方法で返済するしかないことが多いようです。

消費者金融の場合はコンビニATMなどで簡単にできますので、追加で返済することを考えたら消費者金融のカードローンが有利なのです。

コメント