主婦なら誰でも年収1500万になれる!?

ブログ運営関連
スポンサーリンク

f:id:dkanbe0715:20190215214505p:plain

 

皆さんは主婦と言う仕事の年収をご存知だろうか?

 

よく巷では

「主婦って言うのは年収にしたら〜」

「家事育児だって時給にしたら〜」

 

等と言う話を耳にすることがよくある。

ただ、こんな事を言われても実際に家事育児には給料等払われないのだからただの同情にしか聞こえないのが現実。

 

男性諸君もそう口には出していても実際の所、そこまでではないだろうとか。

俺の方が稼いでいるんだからと思ってしまう事も少なくないはずである。

だが、しかし今一度この主婦の給料について今回はしっかりと考えたい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際に主婦の相場は出ている

f:id:dkanbe0715:20190215205203p:plain

ただ主婦も大変だから、時給換算したら~とかではなく。

現在の日本でこの主婦と言う仕事はしっかりとした相場があるという事をまずは示していきたいと思う。

育児の時給

ここで知ってもらいたいのは、主婦は給料にしたら〜みたいな同情話ではなく。

本当に日本社会的に主婦の相場が出ているという話。

まずこれ。

sitter.kidsna.com

■あなたの「得意」や「当たり前」が活かせる!主婦やWワーカーにおすすめ【タスカジ】

育児関係の相場をはっきりと明示している何よりの証拠。

ベビーシッターや病児保育訪問型等の仕事、つまり子供を預けるにはお金がかかるという事。

 

実際にほとんどのお母さんが様々なところに子供を預けて育児を負担してもらっているはず。

逆に言えばそれだけ育児は仕事として日本国、ひいては世界で認められた立派な仕事であるという事実を示している。

 

ベビーシッターや病児保育、普通の保育園や幼稚園も言ってしまえば完全にただの育児に他ならず、そしてその時給は恐るべき¥1,000~4,000/時である。

その他に年会費、月会費が必要な所すらあるから驚きだ。

つまりこの相場がある以上、育児というものがれっきとした仕事であり、その給料が明確になっているのはもはや目をそらせない事実なのだ。

家事の時給

さて、次に家事へ行こう。

これを見てほしい。

kajifull.com

ここでは家事代行サービスの料金を比較しているが、その相場は何と

¥2,500~¥3,500/時!

 

家事代行サービスを頼んだことがある人は少ないかもしれないが、今の時代なら知らない人はまずいない筈だ。

そう、つまり家事というのは本来1時間¥3,000はかかる立派な仕事なんだよという事。

 

スポンサーリンク

では主婦の給料は?

ここでまず主婦の労働時間を考えてみたい。

おおよそ育児にかかる時間は年齢によって多少異なるだろうが、こども園や学校に預けていない場合基本的にほぼ24時間と考えていい。

 

少し甘めに見ても20時間程度だろうか。

預けている場合はそこから約8時間を引いたとしても12時間労働という事になる。

ここでなんだ、ちょっと残業した程度かと思うのはまだ早い。

 

先ほども言ったが主婦は育児という本業に加えて家事という副業をこなしている事を忘れてはならない。

 

サラリーマンなど児戯に等しい。

家事には料理洗濯、掃除その他メンテナンス、買い出し等。

おおよそ育児を任せている間の数時間+αと考えるのが妥当だろうか。

 

朝ごはん、送り迎え、掃除洗濯、買い出し、夕飯、お弁当、洗濯。

大凡見積って10時間程度だろうか。

つまり12時間の育児労働に加えて約10時間の家事労働。これ。

 

同時にこなしているからまだ回っているものの、普通ならこれだけで1日が終わる。

寝る時間もない。

しかも休日出勤もあるので、出勤日数は恐怖の月約30日!

22時間労働×30日で、月の労働時間、驚異の660時間!!

 

ワタミや電通ですらここまではしない。

普通に死んでいる。

さあ、お待たせしました。

これをあとは給料にするだけ。

先ほど紹介した育児と家事の相場を考え、間をうまくとるとその時給は約¥2,000だ。

労働時間660時間×¥2,000だから月給で¥1,320,000!?

 

おいおい、月に100万超えとるやんけ。

これをボランティアでやってるって何よ!?

自分の子だから?自分の夫だから?自分の分もあるから?

スポンサーリンク

主婦の年収は

f:id:dkanbe0715:20190215214840p:plain

ここまで言っても男性諸君は俺の方が稼いでいるから、やって当然だろ?

等といった恥ずかしいことが本当に言えるだろうか。

 

いや、確かに年収2000万稼いできている夫ならまあそれも許せるがそんな夫はそういないだろう。

主婦の仕事、それを普通に全て外部に委託した場合年間¥15,840,000かかるという事だ。

 

そこに万が一、体の処理まで求めようものなら……その辺のサラリーマン、いや、役員クラスでも到底払えるものではない。

主婦の本来の価値がお分かりいただけただろうか。

スポンサーリンク

最後に

ここまで言ってまだ戯言だなどという男性がいたら、それは残念ながら余程理解力がないのかもしれない。

主婦は自信を持つべきだ。

 

何故なら今やっているのその大変な育児も家事も、一歩外に出れば年収一千万以上のスキルなのだから。

もし旦那に文句を言われるなら辞めてしまった方がいい。

 

これ以上毎年一千万の給料をドブに捨て、ボランティアでやらせるようなブラック企業、否ブラック家庭に仕える必要はないのだ。

ただ、そこには多少なり愛があるからこそ。

 

男性は愛に毎年15,840,000円を払えるだろうか?

今一度主婦のありがたさと凄さに感謝しよう。

 

妻がこれに気付き、外部に一千万払う羽目になる前に。

スポンサーリンク
ブログ運営関連
スポンサーリンク
シェアする
フォローでこのブログの更新を取得する
高卒君の前を向くブログ

コメント

  1. wankoloves より:

    凄い年収ですね
    実際にもらえたら本当に嬉しいですが
    我が家の男性は家事や育児を軽視し過ぎるから困ったものです。

  2. dkanbe0715 より:

    無くなって気付くものは多いですよね。
    少しでも多くの男性に気付いてもらって、仲のいい夫婦が増えてもらいたいと思うばかりです(笑)
    コメントありがとうございました!_(._.)_