【コウソツ君の】楽だった仕事ランキングトップ3

仕事にまつわる話
スポンサーリンク

f:id:dkanbe0715:20190121124711j:plain

 

さて、コウソツ君ですこんにちわ。

私は現在30代なわけだが、18で高校を卒!

してからそこそこの仕事をちょいちょい経験した訳ですが。

まあそんなに大した数ではないけども、20か30位職場を変えたので、余りに経験の少ないそこの君へ何か役に立てばと思っての記事をここで一つ。

楽だった仕事ランキングトップ3を紹介したいと思うわけです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何故転職を繰り返す?

ã転è·ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

しかし何故職場を数十回も変えたのかと言う経緯だが、それは単純に

高卒だから。

低学歴。

それはつまり、まともな職場なんてそうそうないという事。

今や学部卒、修士卒ですらブラックに入るという恐ろしき時代。

そんな時代に中高卒のどこに就職口があるというのか。

しかしそれでも昔はまだよかった気もする。

派遣からでも仕事が出来ると大手企業でも社員のお誘いがあったから。

当時、まだ上京したてで新卒入社の会社を一年で辞めた頃。

派遣なんてシステムも知らずに入った某運送会社。

日本○運。

ここでコウソツ君は本部の社員として誘われた事もあった。

そんなおいしい話を蹴ってしまったわけだけれども。

いや、今なら解りますよ。

勿体なかったなと。

もしなっていれば今頃首都圏のマンションでも買っているだろうか。

今の嫁と出会う事も今の娘にも会えなかったとも考えると複雑だけれども(笑)

 

まあそれは置いといて。

とにかくまだ様々な夢を抱く、若者の参考になればと。

今回は楽だった職種ランキングトップ3と

辛かった職種ランキングトップ3を伝えたいのです。

これからその職種に行こうとしているなら要チェック!

スポンサーリンク

楽な職業ランキングトップ3

警備員

楽だったランキング第3位は警備員。

これに就くにはまあ最初数十時間の研修を受けねばならない。

その時にまあキツいこともあるだろう。

だがしかし!

仕事は座りつづける。

立ち続ける。

歩く。

これだけだ。

施設警備と交通誘導でまた違うが、基本的に脳みそは要らない。

ただ夜勤、当務、立ちっぱなしなど体力は必要だが職人程じゃない。

いる人間ももう人生終わってますな転職組が多く、基本的に楽だ。

夜勤の時などは自分の他の趣味に費やすことも可能。座ってる時、巡回の時など、サボれる時間は多いのが特徴だ。

倉庫

さて、楽だったランキング第2位は倉庫人。

基本的に動き続けるがルーチンでしかない。

紙を見て物をとる。(ピッキング)

これだけだ。

以外と遣り甲斐もあって脳みそは要らない。

だが注意も必要だ。

よく勘違いしてしまうのが、自分は仕事が出来ると思い込みやすい所。

よく考えろ、所詮は物を取るだけだ。

そんなの猿でも幼児でも出来る。

自分がピッキングが早いからと決して鼻にかけてはいけない。

コンビニ夜勤

さて、栄えある楽だったランキング第1位は

コンビニ夜勤!(特にサークルK)

これは楽だ。

楽すぎて寧ろお金が勝手に貰える位だ。

基本夜勤が大変なのは終電ラッシュ。

それでもレジでピッピするだけ。

それが終われば窓拭き、ごみ捨て。

後は残り物のおでんやら何やらを食い続け、

雑誌を読んで朝まで待機。

品だしなんかもあるが所詮はそれだけだ。

あまりに暇すぎて苦痛になるひとはやめたほうがいい。

本当に食うことしかないから。

ついでに夜勤は弁当などを持ち帰りやすいので食費も要らない。

一石二鳥で金まで貰える美味しい仕事だ。

注意したいのは夜勤であると言うこと。

昼間は割に合わない長過重労働だから気をつけよう!

最後に

という訳で。今回楽だった職種ランキングを三つ紹介したけれども

次回は辛かった職種ランキングを紹介したいと思います。

そこの君!

まだバイト活なんて早いぞ。

辛かったやつも要チェック!

 

コメント